医療機関情報

医院名 赤坂こころのクリニック「ケイローン」
院長 車田 裕通
(くるまだ ひろみち)
住所 〒107-0052
東京都港区赤坂3丁目15-8
藤貫ビル4F
診療科目精神科・心療内科
電話番号 03-5575-5575

専門カウンセリング

カウンセラー:酒井 謙(さかい けん)  

糖尿病・甲状腺・内分泌を専門とする内科医が行う
糖尿病・甲状腺・内分泌疾患を抱える方のためのカウンセリング

自己紹介文

  「あなたがあなたの先生に『病気』といわれているもの」を一緒に考えます。そして、「あなた」を支援します。

〜「『慢性疾患』といわれている『あなたの側面』を、再びあなたの元へ」を目指して〜


   こんにちは、酒井と申します。今回このクリニックで、ユニークな時間・空間をご用意・ご提供させて頂くことになりました。

 私は20数年間、「糖尿病」・「ホルモンの病気(甲状腺・脳下垂体・副腎などの内分泌疾患)」専門の内科医として仕事をしてきました。現在は、1000人余りの患者さんの糖尿病・内分泌疾患専門診療、大学での医学生・若手医師の教育・支援をしています。病院に通い続けなければいけない慢性疾患の多いこの分野の内科医として仕事に従事してきて、今尚考え続けている事があります。それは、「私は患者さんに、『患者さんに十分腑に落ちるかたち』で、ご病気をお渡ししてきただろうか?自分の診療時間が限られていることを理由に、一方的に病名を告げ、病気をその方に押し付けてきた側面は無かっただろうか?」ということです。

 慢性的な病気を拝見する多くの医師は、おそらく初診で20分位、再診で5分位の診療を行っていると思います。(私がそうです。)理由の一部は、そうしないと患者の皆さんを拝見できない処にあります。この時間の制約に伴い、患者さんが納得できなかったり、不安になる側面がある可能性を感じてきました。そこで今回、ゆっくり時間をかけて、「患者さんとコミュニケーションを持たせてもらう空間」を用意いたしました。私にとっても初めてのアプローチなので、ちょっと不安ですが、とってもワクワクしています。

 私がお手伝いできることは、「皆さんの病気が、私を通してどう映るか。」、「病気はどこにいるのか」、「皆さんの主治医の先生がどのように病気を評価し、どのような気持ちでなぜお薬を選んでいるか。」、「病気という皆さんの側面をどのように捉えるのがよろしくて、どのように関係をもたれることがよろしいのか。」…です。「…」の意味するところは、ご相談を拝聴して私ができることは支援させていただくというニュアンスです。

 今回用意させていただく空間は、いわゆる「セカンド・オピニオン」ではありません。「セカンド・オピニオン」は、「同じ情報を異なる医師が診て、どのような医学的見解をもつか。それが医学的客観性において妥当か否かの見解。」ということですが、今回の空間は、「今現在皆さんが病気に対して疎外感を覚えている部分や、不安を覚えている部分に、私が寄り添いサポートする。」というものです。喩えるなら、「言葉のわからぬ異国への旅行に同行するツアー・コンダクター」として私を利用していただくといった感じです。『私の得意な異国言葉が、「糖尿病」・「ホルモンの病気」』ですので、そちらの方面に旅行中の方にご利用頂ければと考えています。よろしければ一度お立ち寄り下さい。 

プロフィール

 1991年(平成3年)東北大学医学部医学科卒業

1992年(平成4年)東京女子医科大学内分泌内科(内科2)入局

1995年(平成7年)上司の教授就任に伴い、弘前大学医学部第三内科へ移籍

2000年(平成12年)順天堂大学医学部内科学教室・代謝内分泌学講座へ移籍

2005年(平成17年)順天堂大学医学部内科学教室・代謝内分泌学講座講師

2007年(平成19年)順天堂大学医学部内科学教室・代謝内分泌学准教授

2011年(平成23年)〜現在 順天堂大学大学院医学研究科 代謝内分泌内科学 非常勤講師

2014年(平成26年)〜現在 東邦大学医療センター 糖尿病・代謝・内分泌センター 非常勤講師 併任